助成金情報

キャリアアップ・人材育成関係の助成金

キャリア形成促進助成金

従業員に対して職業訓練を行なう事業主のための助成金です。

従業員のキャリア形成を効果的に促進するため、従業員(雇用保険加入者に限る)に対して職業訓練などを計画に沿って実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。

 

▼続きを読む

キャリアアップ助成金

有期契約従業員、短時間従業員、派遣従業員といったいわゆる非正規雇用の従業員(正社員待遇を受けていない無期雇用従業員を含む。以下「有期契約従業員等」という。)の企業内でのキャリアアップを促進するための助成金です。

以下のような条件があります。

①雇用保険適用事業所ごとに、キャリアアップ管理者を置き、対象従業員に対し、キャリアアップ計画を作成し、労働局の受給資格認定を受けること。

②支給申請時点において、対象従業員について、事業主都合による解雇をしていないこと。

③人材育成コースについては、キャリアアップ計画の確認後(同時提出可)、訓練計画届を作成し、労働局の確認を受ける必要があります。

④キャリアアップ計画(訓練計画届)については、原則、コース実施の前日から起算して1ヵ月前(訓練計画開始の日の前日から起算して1ヵ月前)までに、労働局に提出する必要があります。

⑤「有期実習型訓練」を実施する場合、訓練開始までに、対象者に「ジョブ・カード」の交付が必要です。

▼続きを読む